死ぬために故郷に帰る……生物に秘められた生命のドラマを解説『生き物の死にざま』

 鮭が卵を産むために、かつて自分が生まれた川に戻り上流まで上る「鮭の遡上」は秋の風物詩になっている。ここで鮭の立場になってみよう。様々な生物の死をドラマチックに解説する『生き物の死にざま』(稲垣栄洋著、草思社刊)によると、鮭にとって生まれた川への帰還は「死出の旅」。彼らは…

Source: ビジネスジャーナル
死ぬために故郷に帰る……生物に秘められた生命のドラマを解説『生き物の死にざま』